05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

摩周丸・ニューサロン海峡

2016年02月14日
函館市若松町12、函館駅そば『青函連絡船記念館摩周丸』を観てきました.


1988年/昭和63年まで運行していた函館~青森間を結ぶ連絡船.
人や車以外に列車ごと運んでいたのをご存知でしょうか?

そんな青函連絡・摩周丸は就航を終え函館港に係留展示されており
運行時は見る事の出来なかったブリッジや通信室など開放されていますよ.



摩周丸S120 (2)_R
↓↓↓Are you interested ?.....>>
この日は軽く地吹雪な函館港.
津軽海峡冬景色的な趣きも一興.

500円の入館料も市電一日乗車券提示で1割引です.


摩周丸60D (1)_R

摩周丸60D (2)_R

摩周丸60D (4)_R




実際に乗船したのは学生時代.
ですので当然一等客室的な此方は無縁(笑)
当時を懐かしみ一応着席してみましたが国鉄時代の指定席な雰囲気.

摩周丸60D (5)_R

摩周丸60D (6)_R



で、思い出深いのは2等客室.
いわゆる雑魚寝のカーペット敷き大広間.

摩周丸60D (7)_R

摩周丸S120 (5)_R




ミュージアム的なエリアへ

摩周丸S120 (12)_R

プラレール 青函連絡船Ver
世界の車窓から的アングル



摩周丸S120 (9)_R

摩周丸S120 (8)_R

摩周丸S120 (4)_R





操舵室も見放題.
スタッフが機材の説明もしてくれます.

摩周丸60D (8)_R

無骨でアナログ感があっていいですねぇ....

摩周丸60D (9)_R

モールス信号を打つ電鍵.

左は縦に打つタイプ右は横に打つタイプで右の横タイプは縦式より早く打てるのです.
そして長文を打電しても手首が疲れないメリットもアリ.

摩周丸60D (10)_R


摩周丸S120 (13)_R

摩周丸S120 (16)_R

摩周丸S120 (18)_R

ヨーソロー.....

摩周丸S120 (19)_R

摩周丸S120 (21)_R







さて、本来の目的を果たすべき

ニューサロン海峡へ(笑)


ニューサロン海峡 (1)_R

函館山を望むViewは素晴らしい

ニューサロン海峡 (2)_R

ニューサロン海峡 (7)_R

ニューサロン海峡 (6)_R




icon64 目に言う

ニューサロン海峡 (4)_R





ビール 400円

ニューサロン海峡 (8)_R

オツマミつきです.

ニューサロン海峡 (9)_R






何度も来ている函館.
尚且つ駅前からも徒歩圏なのに未訪問だった摩周丸.

500円払って一度行くのも悪く無かった.
青函連絡の歴史や実際乗船した方々だと懐かしさも味わえる.
未成年時代の乗船時は味わえなかった生ビールを楽しみながら観る函館山もオツ.

青函連絡船から青函トンネル、そして来る3月26日には北海道新幹線が開業.
案外ベタな観光スポットも偶にはいいもんんだなぁ...と



下船する頃には天候も回復

摩周丸S120 (24)_R



本日のエンジョイ係数★★★☆☆+++



STORE DATA



住所: 函館市若松町12 map.

電話: 0138-27-2500

営業時間: 8:30~18:00(4~10月)9:00~17:00(11~3月)

休館日: 4月第2月曜【2019年は第1月曜】

駐車場: あり

参考URL: http://www.mashumaru.com/

備考: 12/31~1/3は10:00~15:00※ 休館の場合アリ

備考: その週の金曜日までは船舶検査と特別清掃のため休館
関連記事
スポンサーサイト
レク | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« 中一 | HOME | 丸亀製麺 »