05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

松尾芭蕉

2015年05月28日
北区北10条西『そば処松尾芭蕉』に行ってきました.


以前「ゆうなぎ」という店が有った跡に居抜きで開店.
オープンは昨年末なんですが久しぶりに「ゆうなぎ」に行ってみようかと
店前まで来ると蕎麦屋になっていました.


松尾芭蕉 (1)_R
↓↓↓Are you hungry ?.....>>続きを読めばいいしょ.
蕎麦店としてはモダンな店構え.
入口脇に薀蓄らしき看板が見えたので車中から覗けばカメラに赤マーク.
あぁ撮影禁止店なのかなぁ...とズームしてみると逆にウエルカム(笑)



松尾芭蕉 (11)_R

松尾芭蕉 (2)_R




店内は若干手が加えられていましたが「ゆうなぎ」時代とほぼ同じレイアウト.

松尾芭蕉 (5)_R

松尾芭蕉 (4)_R





icon64 目に言う

松尾芭蕉 (3)_R






肉もり/400g 850円

松尾芭蕉 (6)_R

松尾芭蕉 (7)_R

松尾芭蕉 (8)_R

松尾芭蕉 (9)_R




初訪問の松尾芭蕉.
もりそば600円から用意されているのだが面白いのは400gまで同料金.
個人的には食べないが、まるで良く有りがちな つけ麺システム.

で、オーダーはつけ汁が二種類楽しめる肉盛り400gをチョイス.
通常の蕎麦汁と辣油が入った中華風なツケ汁、それに生卵も付き850円だ.

蕎麦は十割、然程太めでは無いが個人的にギリの許容範囲なゴリゴリした食感.
ドンブリに盛られら400gの蕎麦は大番普通盛りクラス....まぁ楽勝な量.
豚肉・ネギ・胡麻・海苔がトッピングされ喰い応え有るが後半やや飽きてきた.


関東の「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」や「港屋」で
全く同じ蕎麦を出しているようだが多分ソレらをリスペクトしているのだろう.
まぁ個人的には一度食べればイイかなぁ....


蛇足だが店主の兄とEXILE・TAKAHIROがちょっとした知り合いらしく
店の看板やショップカードも彼の書が使われているのだとか.
特にファンではないので「ふ~ん.........で?」位な印象だが好きな方には堪らんだろう.

それと閉店時間が非常に曖昧かつ解かり辛い.
某口コミサイトでは15:30までとなっているがショップカードはFuzzyだ.
折角足を運んでくれた客が無駄足を踏む事を少し考えるべきかと....



松尾芭蕉 (10)_R


本日のエンゲル係数★★★☆☆



STORE DATA



住所: 札幌市北区北10条西1丁目8 map.

電話: 011-747-0358

営業時間: 11:25~売切り迄

定休日: 日祝

駐車場: なし
関連記事
スポンサーサイト
蕎麦 | コメント(2)
コメント
Re: No title
こっぺさん、こんばんわ♪

豊平区の店、旭町の所ですね
平日の行動圏内ではないので未訪問ですが
どの店も都内のリスペクトだと思います

いずれにせよ食べ応えは有りましたね
No title
ランパスにこちらのお店載ってまして、ちょっと気になっていましたi-228
肉もりっていうのが、どうも気になってしまって(笑
お蕎麦が400gまで同料金っていうのは、魅力ですね~i-278

こちらの蕎麦と似てるお店(系列なのかも)が豊平区にあるので、食べ比べしてみたいなぁと思っていますi-239

管理者のみに表示
« 吉山商店 | HOME | 銀星食堂 »