02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

なんば

2014年09月02日
西区山の手1条『なんば』に行ってきました.


今では希少な昔からある食堂.
界隈の会社や個人宅にも出前を行って隠れた人気店でも有ります.
時間の余裕が有る時には「北遥館」時間が余りない時にはコチラと
個人的に使い分けしてお邪魔していたりもしますよ...


なんば⑤ (1)_R
↓↓↓Are you hungry ?.....>>続きを読めばいいしょ.
個人的なイチオシが日替りの幕の内弁当.
昼の出前にも良く出るメニューらしく11時の開店前から仕込みが
始まっているので、全てのオカズが出来立てに近い開店直後が
イイ感じだと数回通った感想.

そこで、10分ほど前に到着すれば既に暖簾が出ているので入店.

なんば⑤ (5)_R

生ビールは450円、サッポロ黒ラベル樽生です

なんば⑤ (3)_R

なんば⑤ (4)_R



icon64 目に言う

なんば⑤ (2)_R



日替り幕の内弁当/大盛 600円+100円

なんば⑤ (6)_R

漬物除いて10品目

なんば⑤ (7)_R

塩サバ さつま揚げ 煮〆 梅キュー長芋千切り

なんば⑤ (8)_R

ウインナー ササミカツ オムレツ 野菜炒め 海老とキノコのソテー

なんば⑤ (9)_R



暖簾は出ていたが未だ弁当が若干準備中だったので15分ほど待機.
そうすると弁当箱にコレ以上は入らないだろうって盛りで登場.
いつもながら600円でこの内容ならコスパが悪いハズが無い.

オカズの内容は写真コメント参照して貰うとして、肉 魚 野菜と
バランスが良く手作り感もあり尚且つ美味しい.

そして今日イチバンのヒットだったのが味噌汁.
通称 仏の耳と言われる銀杏草が入ったモノだったが色んな所に沁みる一杯.
なんでも冷凍保存していたものらしいがワカメ味噌汁の5割増くらいウマかったなぁ...


本日のエンゲル係数★★★★☆++



STORE DATA




住所:札幌市西区山の手1条1丁目1-13 map.

電話:011-631-3922

営業時間:11:00~23:00/早仕舞いアリ

定休日:日曜

駐車場:あり/店舗裏2台分



◆訪問履歴

2014.04.08:ミックスフライ定食 野菜炒め定食
2014.01.17:日替り幕の内弁当
2013.10.10:日替り幕の内弁当
2012.05.17:塩ラーメン
関連記事
スポンサーサイト
| コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
Re: No title
昼飯マニアさん、再びこんにちわ♪


そうなんですよ、銀杏草もそうですが
春には山菜がメニューに入っていたり
(昨年は明日葉のお浸し味見させて貰いました)
店主が自身で山菜含め銀杏草を採りに
出向いているからこそのリーズナブルさかと.

でもお話聞くと趣味も兼ねているようなので
楽しそうでしたよ(笑)
No title
おはようございます。
この内容でこのお値段。凄いですね。
銀杏草の味噌汁なんて高級品です。
昭和の香りの食堂万歳ですね。
Re: No title
こっぺさん、こんばんわ♪


昔からの食堂巡りは楽しいですよ.
特に日替り弁当は出てくるまでワクワクしますからね.

でも年配者が営む店は特に代変わりする
事は無いので味がある店は少なくなって来ました...

銀杏草、海藻類が苦手じゃ無ければ美味しいと思います.
個人で楽しむ方々は冬に石狩方面の岩場で採って冷凍保存して
いる人が多いのですが、スーパーの売り場では1~3月頃に
生の銀杏草を見掛ける事が有ります.

冬に思い出し出会えたら味噌汁や酢の物などで
一度試されてみてはどうでしょうか?
Re: 今晩は~☆彡
まなさん、こんばんわ♪


銀杏草苦手ですか....
多分、味もそうですが食感もですよね?
ドゥルンってしたヌメリとメカブよりゴッツい食べ応え
自分は大好きなんです(笑)

古くから存続する食堂って函館駅前の
マル米食堂みたいなのも大好きです.
またホタテフライ定食...食べたいなぁ(笑)
No title
こんばんは~(*'ω'*)

こんな盛りだくさんなお弁当を出してくれるなんて、よいお店ですね!なんだか、母の作ってくれたお弁当を思い出してしまいました(*^^*)

銀杏草って、食べたことがないので
興味津々です(*'ω'*)
デパ地下とか、探してみます~
今晩は~☆彡
昔からある食堂って良いですよね☆
安かろう不味かろうでは長続きしませんから。

こう言う感じの弁当って独身の私には嬉しいです🎵
ボリュームも満点で最高かと☆彡

銀杏草、好みが分かれる味ですね~。
私、チョッと苦手です(汗

管理者のみに表示
« 綺羅拉 | HOME | 華龍 »