07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

純平

2017年06月05日
西区二十四軒4条、一方通行沿い『ラーメン 鴨鍋 純平』に行ってきました.



焼き鳥店だった此方、2017年5月より業態変更をしリニューアルオープン.

ゴールデンウイークに店舗前を通ると看板が変わっていたので気になっていました.
で、数年前に閉店した琴似の名店の味を引き継いでいると噂で聞きつけ
早速試しに行ってきましたよ.



純平 (1)
↓↓↓Are you hungry ?.....>>
店内のリニューアルでは無く提供するメニューの大幅な変更なんですが
以前は炭火焼き鳥をメインに夜営業のみの店でした.

で、今回焼き鳥を完全に止めて昼の部はラーメン、夜の部は以前人気だった
鴨鍋を残し営業するようです.


11:30、開店ダッシュ 前客後客なし.


純平 (2)








icon64 目に言う

純平 (5)

夜の部ドリンクメニュー

純平 (6)







しおラーメン 700円 

純平 (7)

ドンブリも当時と一緒

純平 (8)

麺は残念ながら藤原製麺ではありません

純平 (10)





リニューアルした琴似純平.
生活圏に有りながら なにげに初訪問の一軒だ.

夜営業だけだったのも有ったのだが昼営業も始めラーメンを軸にしたので
個人的に訪問ハードルもグッと下がったので嬉しい.

で、訪問時は三味のうち「しおラーメン」と「しょうゆラーメン」の二種提供.
味噌ラーメンは本丸の味噌タレの素が未だ熟成されておらず未完成なので
7月の販売開始なんだとか.

なもんで件の味を引き継ぐ店で食べた しおラーメンをチョイス.
暫し待って配膳されたソレを見て4年前の記憶が蘇ってきた.
スープに浮かぶ華を散らしたように綺麗な広がりを見せるラード.
コレは閉店した店主が最も拘っていた部分.

単価は随分高くなって現店主曰く、一斗缶で8000円前後するそうだが大量生産
されている一般的なソレとはラーメンの風味が全く違うと.
それを含め店主に「似てますね....」と伝えるともの凄く喜んで頂けた.


その直伝の味は2013年3月で閉業した琴似の名店 一平.
純平の店主が元々一平の常連で 自身の焼き鳥店の営業が終わってから
足繁く通い多い時で年間100食ものラーメンを食べに行っていたと.

一平が閉店し暫くした後にも店主と交流があり、自分が好きだった一平の味を
引き継ぎたいと申し出たところ店主も快く了承し純平まで現在進行形で足繫く
通って味のチェックなどして貰っているそうだ.

一平でも提供していた味噌南というラーメン、純平でも当然だすのだが先にも
書いたように7月から提供との事.
味噌にニンニクを始め数種の薬味を配合する一平オリジナルな商品だが
7月のいつ頃提供か尋ねると、(一平の)親父のOKが出てからとの事.
熟成具合をチェックしに現在も自宅から純平に通ってるようだ.

なにより一平店主が母さん共々お元気だったのを聞けたのも朗報だった.
元、コンサドーレ札幌のマネージャーだった店主が造る一杯は激戦区琴似でも
充分戦っていけると思うラーメンだと思う.




一平から純平への継承

純平 (11)


本日のエンゲル係数★★★★☆



STORE DATA



住所: 西区二十四軒4条5丁目10-14 map.

電話: 011-621-0013

営業時間: 11:30~15:00(昼)18:00~24:00(夜)

定休日: 月曜

駐車場: なし
関連記事
スポンサーサイト
西区 | コメント(2)
コメント
Re: 行って来ました
マミーさん、こんばんは♪

純平、行かれたんですね‼

直伝だけあって麺以外は凄く再現していると
思いましたが、藤原製麺使用に関しては単価の
問題が一番大きいと純平店主も仰っていましたよ

恐らく価格が折り合えば藤原製麺使用したかった
ハズですし仕方ない部分だと思っています
800円とかだと魅力薄くなってしまいますよね
行って来ました
こども課長さん

こんにちは。
5/20に、相方と訪問しました。
しおとしょうゆをそれぞれ確認して来ました。
器も感動しました。

てっきり、息子さん?お孫さん?
きっと、遠い親族であろうと思っていました。
一平のお父さん…後継者いないって言ってたのに
おっかしいなぁ〜と思っていましたよ。

こども課長さんのお陰で、スッキリ致しました。
ありがとうございます。

ただただ、旭川の低加水麺での提供を希望すると
共に次回は、アブラ多め(ラード)で食したいです。

管理者のみに表示